ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

BigCommerceタグとフィードのインテグレーションのガイド

 

概要

商品フィードの生成およびCriteo V3タグをお客様のBigCommerceサイトにインストールする方法はこのガイドに従ってください。

商品フィードの生成方法

以下のこれらの手順によって Google Shoppingのフィードを生成できます。

Criteo V3タグのインストール方法

タグは大部分がコピーアンドペーストに対応していますが、サイトのカスタマイズ次第で一部を変更する必要があるかもしれません。これらの5つの簡単な手順に従ってCriteo V3タグを実装します。

  1. 左パネルの Storefrontのデザイン をクリックします
    image37.png
  2. テーマ をクリックします
    image36.png
  3. 詳細をクリックし、次に テンプレートファイルをクリックします
    image40.png
  4. これで各テンプレートを表示させ、編集することができます。テンプレートの末尾に関連するCriteo V3タグを追加するだけです。例えば、default.htmlはホームページ用です
    image38.png
  5. 以下のタグのそれぞれを対応するテンプレートへコピーアンドペーストしてください。
    ホームページのテンプレート > default.html
    <script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
    <script type="text/javascript">
    window.criteo_q = window.criteo_q || [];
    window.criteo_q.push(
           { event: "setAccount", account: あなたの一意のアカウントID },
            { event: "setSiteType", type: "モバイル用のmまたはタブレット用のまたはデスクトップ用のd" },
          { event: "setEmail", email: "スペースを削除した小文字だけのユーザemailアドレス" },        
    { event: "viewHome"}
    );
    </script>

    一覧ページのテンプレート > category.html
    <script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
    <script type="text/javascript">
    window.criteo_q = window.criteo_q || [];
    window.criteo_q.push(
     { event: "setAccount", account: あなたの一意のアカウントID },
    { event: "setSiteType", type: "モバイル用のmまたはタブレット用のまたはデスクトップ用のd" },
    { event: "setEmail", email: "スペースを削除した小文字だけのユーザemailアドレス" },
    { event: "viewList", item: ["最初の商品のID", "第二の商品のID", "第三の商品のID"] }
    );
    </script>

    商品詳細のテンプレート > product.html
    <script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
    <script type="text/javascript">
    window.criteo_q = window.criteo_q || [];
    window.criteo_q.push(
     { event: "setAccount", account: あなたの一意のアカウントID },
       { event: "setSiteType", type: "モバイル用のmまたはタブレット用のまたはデスクトップ用のd" },
        { event: "setEmail", email: "スペースを削除した小文字だけのユーザemailアドレス" },        
    { event: "viewItem", item: "あなたの商品ID" }
    );
    </script>

    バスケットのテンプレート > cart.html
    <script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
    <script type="text/javascript">
    window.criteo_q = window.criteo_q || [];
    window.criteo_q.push(
     { event: "setAccount", account: あなたの一意のアカウントID },
    { event: "setSiteType", type: "モバイル用のmまたはタブレット用のtまたはデスクトップ用のd" },
    { event: "setEmail", email: "スペースを削除した小文字だけのユーザのemailアドレス" },
    { event: "viewBasket", item: [
    { id: "第一の商品のID", price: 第一の商品の単価, quantity: 第一の商品の個数},
    { id: "第二の商品のID", price: 第二の商品の単価, quantity: 第二の商品の個数 }
    /* ユーザのバスケットにある各商品について行を追加する */
    ]});
    </script>
    コンバージョンタグを実装する方法
  1. 詳細設定 > Webアナリティックス > Google Analyticsを有効にする、の順にナビゲートします。次に「保存」をクリックします
    image39.png
  2. Google Analyticsタブにナビゲートします
    Google Analyticsを使用する場合はリンクをクリックし、次にソースコードをコピーアンドペーストします。自分のGoogle AnalyticsのIDとドメインでコードをアップデートすることを忘れないように。
  3. クリックしてコンバージョンタブ(GA付き)を表示させます
    image41.png

  4. Google Analyticsを使用しませんか?代替ソースコードをコピーアンドペーストします。
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
       
{ event: "setAccount", account: あなたの一意のアカウントID },        
{ event: "setSiteType", type: "モバイル用のmまたはタブレット用のtまたはデスクトップ用のd" },    
{ event: "setEmail", email: "スペースを削除した小文字だけのemailアドレス" },        
{ event: "trackTransaction", id: "取引ID", item: [
{ id: "第一の商品ID",  price: 第一の商品の単価,  quantity: 第一の商品の個数 },                                                                                  
{ id: "第二の商品ID", price: 第二の商品の単価, quantity: 第二の商品の個数 }                                                                     
/* ユーザのバスケットにある各商品について行を追加する */
]});
</script>

タグのテスト方法は?

サポートセンター

当社サポートセンターでお客様のインテグレーションに役立つ追加のリソースを検索します。あるいは、Criteoの技術ソリューションエンジニアに連絡してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk