ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

3Dカートタグとフィードのインテグレーションのガイド

概要

このガイドは商品フィードの生成方法と3DカートサイトにCriteo V3タグをインストールする方法を説明します。

商品フィードの生成方法

3Dカートには親子構造があり、そのため他所で生成されたProduct IDではなく3Dカート内部のProduct IDを使用することが推奨されます。商品フィードを生成するにはこれらの6つの手順に従うだけです。

ステップ1:エクスポート/インポート

image18.png

ステップ2:[商品(Products)] > [管理(Manage)] を選択

image00.png

ステップ3:[新規に追加(Add New)] をクリックして新しいエクスポートを作成
image01.png

ステップ4:[Criteoの商品フィードの仕様(Criteo Product Feed Specification)] を使ってフィールドをマッチング
以下はデフォルトのカラムタイトルです。必要に応じてエクスポートに必要なカラムを追加してください:

  • name (エイリアス: title)
  • url_link (エイリアス: link)
  • image1/thumbnail (エイリアス: image_link) 注意:必ずサイトのホームのURLを接頭辞として挿入してください。
  • description (エイリアス: description)
  • price (エイリアス: price)
  • catalogid (エイリアス: id)
  • saleprice (エイリアス: sale_price)
  • instock_message (エイリアス: availability)
  • categories (エイリアス: product_type)
  • 静的値の定数(オプション)image02.png

ステップ5:エクスポートのスケジュールを設定

商品 > カスタムエクスポートセットの下のエクスポートを選択 > スケジュール、の順にナビゲートする
image03.png

ステップ6:フィードリンク「http://www.domain.com/assets/exports/filename.csv」を作成

[スケジュール済みエクスポート(Scheduled Exports)] で、チェックボックスを [有効(Enable)] にし、ファイル名を設定します。[アクション(Action)] で、最初のオプション [ファイルを保存(Save File)] を選択します。

image04.png

Criteo V3タグのインストール方法

まず、Webサイトのテーマにアクセスする必要があります。設定 > デザイン > テーマとスタイルの順にナビゲートします。次に「テンプレートの編集(HTML)」をクリックします。

個別のテンプレートは次の通りです。

  • ホームページ:home.html
  • 一覧ページ:category_0.html.カテゴリーページには1つ以上のテンプレートがある場合があります。
  • 商品詳細ページ:listing_0.html.商品詳細ページには1つ以上のテンプレートがある場合があります。
  • 商品詳細ページ(クイック表示):quickview.html
  • カート/バスケットページ:view_cart.html
  • カート/バスケットページ(クイック表示ポップアップ):view_cart_quick.html
  • 注文確認ページ:checkout-step4.html4段階のチェックアウトシステムの場合。

すべてのタグを一つの条件ステートメントに組み合わせる場合、スクリプトをframe.htmlに追加することができます。

Criteo V3タグの統合は、以下の5つの簡単なステップで行えます。

ステップ1:[ホームページのテンプレート(Homepage Template)] > home.html を選択

<!-- Criteo Homepage Tag -->
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
var deviceType = /iPad/.test(navigator.userAgent) ? "t" : /Mobile|iP(hone|od)|Android|BlackBerry|IEMobile|Silk/.test(navigator.userAgent) ? "m" : "d";
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
    { event: "setAccount", account: PARTNER_ID},
    { event: "setSiteType", type: deviceType },
    { event: "setEmail", email: "" },
    { event: "viewHome", ecpplugin: "3dcart" }
);
</script>
<!-- END Criteo Home Page Tag -->

ステップ2:[一覧ページのテンプレート(Listing Template)] > category_0.html を選択
ここではマクロ [catlogid] を使い、HTMLまたはJavaScript変数でページに商品IDを設定する必要があります。

一覧ページのループは、一般的に以下のSTARTとENDコメントを持つセクション内にあります。

以下のコードを一覧ページのループに追加して、JavaScripに一連の商品IDを作成することができます。

<!--START: CATEGORY_ITEMS-->
<!--START: ITEM_TEMPLATE_0–->
<script> var prodlist = prodlist||[]; prodlist.push("[catalogid]"); </script>
<!--END: ITEM_TEMPLATE_0-->
<!--END: CATEGORY_ITEMS–>


次に、以下のタグをコピーします:

<!-- Criteo Listing Page Tag -->
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
var prodlist = prodlist||[]; prodlist.push("[catalogid]");
var deviceType = /iPad/.test(navigator.userAgent) ? "t" : /Mobile|iP(hone|od)|Android|BlackBerry|IEMobile|Silk/.test(navigator.userAgent) ? "m" : "d";
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
    { event: "setAccount", account: PARTNER_ID},
    { event: "setSiteType", type: deviceType },
    { event: "setEmail", email: "" },
    { event: "viewList", ecpplugin: "3dcart", item: prodlist  }
);
</script>
<!-- END Criteo Listing Page Tag -->

Step 3: Product/Quick-view Template > listing_0.html or quickview.html

<!-- Criteo Product Page Tag -->
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
var deviceType = /iPad/.test(navigator.userAgent) ? "t" : /Mobile|iP(hone|od)|Android|BlackBerry|IEMobile|Silk/.test(navigator.userAgent) ? "m" : "d";
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
    { event: "setAccount", account: PARTNER_ID},
    { event: "setSiteType", type: deviceType },
    { event: "setEmail", email: "" },
    { event: "viewItem", ecpplugin: "3dcart", item:  "[catalogid]" }
);
</script>
<!-- END Criteo Product Page Tag -->

ステップ4:[カート/クイック表示テンプレート(Cart/Quick-view Template)] > view_cart.html または view_cart_quick.html を選択

一覧ページタグと同様に、以下のSTARTとENDコメントの間のセクションにあるHTMLのカートアイテムループ内に、商品一覧を作成しておく必要があります。

<!--START: SHOPPING_CART_ITEM-->
<script> var cartData = cartData||[]; cartData.push({id: "[catalogid]", price: ("[ITEM_PRICE]").replace('$',''), quantity: [ITEM_QUANTITY] }); </script>
<!--END: SHOPPING_CART_ITEM-->

次に、以下のタグをコピーします:

<!-- Criteo Product Basket Tag -->
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
var deviceType = /iPad/.test(navigator.userAgent) ? "t" : /Mobile|iP(hone|od)|Android|BlackBerry|IEMobile|Silk/.test(navigator.userAgent) ? "m" : "d";
var cartData = [];
jQuery( document ).ready(function() {
    window.criteo_q = window.criteo_q || [];
    window.criteo_q.push(
    { event: "setAccount", account: PARTNER_ID},
    { event: "setSiteType", type: deviceType },
    { event: "viewBasket", ecpplugin: "3dcart", item: cartData });
});
</script>
<!-- END Criteo Basket Page Tag -->

ステップ5:[注文確認テンプレート(Order Confirmation Template)] > checkout-step4.html を選択

一覧ページタグやカートタグと同様に、以下のSTARTとENDコメントの間に商品配列を作成しておく必要があります。

<!--START: items-->
<script> var orderData=orderData||[]; orderData.push({ id: "[catalogid]", price: ("[unitprice]").replace('$',''), quantity: "[numitems]" }); </script>
<!--END: items-->

次に、以下のタグをコピーします:

<!-- Criteo Sales Page Tag -->
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
var deviceType = /iPad/.test(navigator.userAgent) ? "t" : /Mobile|iP(hone|od)|Android|BlackBerry|IEMobile|Silk/.test(navigator.userAgent) ? "m" : "d";
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
{ event: "setAccount", account: PARTNER_ID},
{ event: "setSiteType", type: deviceType },
{ event: "setEmail", email: "[oemail]"},
{ event: "trackTransaction", ecpplugin: "3dcart", id: "[invoicenum]" , item: orderData });
</script>
<!-- END Criteo Sales Page Tag -->

検証

  • Criteoインテグレートプラットフォームにアクセスできる場合は、ログインして [タグ検証ダッシュボード(Tags Validation Dashboard)] を使ってタグをテストしてください。
  • また、Criteo Accurate Chrome拡張機能をダウンロードして、タグをテストすることもできます。
  • なお、CriteoがCriteo V3タグでお客様の商品の単価を収集することにご留意ください。Criteoは単価と商品数を掛け合わせた [購入総額(Total Order Value)] をレポート上に表示します。送料、税金、サービス券、値引き、プロモーションコードなどが [購入総額] に正しく反映されているかどうかの確認は、お客様側で行っていただくことになります。予めご了承ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk