ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

Facebookのクロスデバイス・ラストタッチデータは、キャンペーンレポートにどのように影響しますか?

Criteoは、Facebookのクロスデバイス・ラストタッチデータから、最後にクリックされたクロスデバイスでの販売に関するマッチングデータを取得しています。これにより粒度の細かい販売データ、およびクロスデバイスレベルの情報を含まない集約販売データの収集を可能にしています。

その結果、Criteoのすべてのダイナミック広告キャンペーンにおいて、1)Criteoのダイナミック広告キャンペーンをクリックしたデバイスと、2)その他のデバイスで購入を完了した合計数が反映された、正確性の高い最新のレポートが得られます。

これらの売上はマネージメントセンターの指標およびトランザクションIDレポートに含まれるため、Criteoダイナミック広告キャンペーンのCPCのより正確な管理を支援します。

FacebookおよびCriteoの間で必要な重要なオフライン解析やデータ処理のため、注文後およそ48時間以内は、Facebookのクロスデバイス ラストクリックデータは管理センターに報告されません。

具体的には、以下のような支援が可能になります。

  • Facebookは、販売イベントを取集してアトリビューションを行い、分析済みの注文をAPI経由で提供します。 
  • CriteoはAPI経由で注文単位のデータを取得し、アトリビューションを行い、マネージメントセンターで分析結果を利用できるようにします。
  • データに変更が発生することを避けるために、CriteoはFacebook APIから取得したデータの処理を一定時間待機します。

Facebookのクロスデバイス・ラストタッチデータレポートのアトリビューションレート

Criteoは、広告主がマネージメントセンターのCriteoクロスデバイスセールスを確認する際に使用するアトリビューションレートと同じレートを、Facebookのデータに適用します。

Criteoは帰属された売上を提供する広告主に対して、帰属された同一デバイスでの売上レートとほぼ同じレートを、クロスデバイスの売上に適用します。クロスデバイスでの売上には、Criteoに帰属された同一デバイスのレートに等しいアトリビューションレートを掛け合わせます。またクロスデバイスの売上には、7日間平均の同レートが毎日適用されます。

当社のクロスデバイスセールズを使用することで、ひとつのデバイス上でのデータ (商品閲覧状況や、広告配信状況) を別のデバイス上での購入という結果とリンクさせ、一連の購入プロセスにおいてどのタイミングで複数のデバイスが使用されているかを特定できます。

これにより、クロスデバイスでの売上げを計測し、キャンペーンへと正確にアトリビューションできるようになります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk