ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

適応型最適化モデルとは何ですか?

適応型最適化モデルは、Criteoの高度なエンジンを使ったキャンペーンパフォーマンスの最大化を目的としています。このモデルでは、任意のターゲット値を入力すると、Criteoエンジンがそのターゲット値に対するCPCをリアルタイムに最適化し、確実にヒットできるようにします。入札レベルの調整によってパフォーマンスは1時間ごとに最大化されるため、マニュアルでCPCの管理を行うよりも、効果的にターゲット値を達成できます。

最適化は24時間常に行われ、外部の要因(広告配信における競合のレベルや季節的な影響など)にも動的に対応/適応します。その結果、一定のROIで平均5%の売上増加を実現します。

COS(売上原価)に対するターゲット値は、適応型収益最適化(ARO)モデルによって設定します。また、CPO(受注1件当たりのコスト)のターゲット値は、適応型コンバージョン最適化(ACO)モデルによって設定することができます。

適応型最適化モデルの設定

適応型最適化モデルは、次世代のビジネスの最適化を目的としています。プロセスの開始においては、マネージメントセンターで新しいキャンペーンの最適化方法について記載した「利用規約補遺」に同意していただく必要があります。

この補遺には、関連するターゲット値(COSまたはCPO)を達成するために利用する、動的な入札更新機能についての記載が含まれています。マネージメントセンターへのログイン時に利用規約補遺への同意が求められない場合には、担当のアカウントストラテジストに補遺の有効化を依頼してください。

補遺の同意が完了したら、お客様のキャンペーンを開始する際の最初のターゲット値の設定について、担当のアカウントストラテジストと話し合ってください。この値が、適応型最適化モデルが最適化を行う対象となります。

新モデルへの移行を可能な限り円滑に行うために、キャンペーンは標準的な最適化モデルで約1週間程度、安定したCOS/CPOで継続した後、新しい適応型最適化モデルに切り替えることをおすすめします。また適応型最適化モデルのアルゴリズムは、お客様のターゲット値に対する適切な入札レベルを学習・発見するために数日を要することもあります。そのため、最初に設定するターゲット値は現在のキャンペーンのCOS/CPOに比較的近い値を設定することをおすすめします。

パフォーマンスの管理と評価

適応型最適化モデルは、お客様のキャンペーンの売上データを利用して最適な入札レベルを算出します。売上のボリュームが増加するにつれて、精度やターゲット値の安定性とパフォーマンスが改善されるため、帰属される売上の件数は1日平均5件を維持することが理想的です。また適応型最適化モデルでパフォーマンスを最大化するために、類似したターゲット値を持つ複数のキャンペーンを統合することをおすすめします。

通常は小規模なキャンペーンであるほど、パフォーマンスが安定するまでに時間がかかります。

特定のターゲット値に対して、Criteoエンジンが最適な入札レベルを計算できるようにするには、入力するターゲット値を安定させることが重要です。エンジンが新しいターゲット値で安定したCOS/CPOを達成するには、最大で1週間程度を要することもあるため、20%を超えるような変更は避けましょう。

設定したターゲット値でキャンペーンを最適化するこの新たなモデルでは、キャンペーンのパフォーマンスを管理・評価するアプローチがこれまでとは若干異なります。

このモデルでは、1日20件以上の売上が発生するキャンペーンでは7日間、より小規模なキャンペーンの場合は14日間をかけてパフォーマンスを測定・評価する必要があります。

これは買物客がクリックしてから注文に至るまでの時間や、高い価値を備えたトラフィックに対するエンジンの反応など、さまざまな要素を考慮しなければならないためです。

しかし、その間もエンジンはターゲット値を達成するために常に稼働を続けています。

適応型最適化モデルは外部の条件に動的に適応・対応していますが、トラフィックや売上に大きく影響する例外的なイベントに関しては、十分なインサイトが備わっていないこともあります。その一例がブラックフライデーであり、コンバージョン率が急激に増加する時期です。こうしたイベントが予期される場合には、担当のアカウントストラテジストに連絡して、お客様のキャンペーンを成功させるための最善策を講じてください。

自動入札機能によって予算が超過することを確実に避けたい場合には、通常のCPC管理と同じようにマネージメントセンターからターゲット値を修正して、支出率の調整を行ってください。また、担当のアカウントストラテジストに連絡して、キャンペーン支出のトレンドを管理するステップを相談する方法もあります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk