ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

Googleタグマネージャ経由でCriteo V3タグを統合

1. Setting up the dataLayer

一般情報

  • dataLayerはあなたのウェブサイトのソースコードに宣言されている変数です。Googleタグマネージャのウェブサイトを介して実装はされません。
  • あなたのサイト上で追加したり、変更する必要がある場合には、dataLayerのソースコードを変更する必要があります。
  • dataLayerは<script> </ script>タグの間とGoogleタグマネージャタグの前に宣言する必要があります。
  • dataLayerのコンテンツは、Googleタグマネージャの変数 によって使用されます。
  • dataLayerは技術的なスキルを持つ開発者などによって設定されることによって最高の実装になります。
  • dataLayerはCriteo OneTagが実装されるページ上で宣言する必要があります。

必要となるすべての変数を持っていない場合は、既存のデータレイヤーを変更する必要があります。この場合、ソースコードを更新する必要があるかもしれません。

2. Define the Variables

一般情報

  • dataLayerとCriteo OneTagは、Googleタグマネージャで設定されている変数 によってリンクされています。
  • 変数 が設定された後、dataLayerで提供された情報は、Criteo OneTagに自動的に送られます。
  • 変数 は、2口の中括弧、作成した変数の名前と、2つの閉じ中括弧のコード形式を使用してCriteo OneTagによって呼び出されます。例えば:{{site_type}}

3. Create the tags

一般情報

  • dataLayerから宣言した変数のすべてを使いながらGoogleタグマネージャの中でCriteo OneTagを設定しなければなりません

4. Set up the Triggers

一般情報

  • 最後に、いつタグを発火させるかを決めるトリガー を設定する必要があります。

5. Publish

一般情報

  • すべてが正しくセットアップされたら、設定を配信することができます。
  • 設定を変更するたびに公開にすることは必須となっています、そうしなければ、あなたのウェブサイトにそれらは反映されず、期待通りにdataLayer /Criteo OneTagが機能しません。

デバッグ作業

  • Googleタグマネージャは、ミスを見つけるためにあなたのコンテナをデバッグすることができます。よくある間違いは、タグが正しいページで発火しないか、またはタグがdataLayerからの正しい情報を渡していないことです。
  • デバッグには、新しいバージョンのコンテナを作成する必要があります。作成が完了したら [プレビュー(Preview)] ボタンをクリックして、すべて想定どおりに動作していることを確認してください。

        

  • デバッグ中はお客様のサイトに関するGoogleタグマネージャのフレームを確認できます。これにより、実行されたタグとそれが実行された理由、および [dataLayer] からの情報を確認することができます。



  • ここで多くのミスを簡単に見つけ、直すことができるので、Criteoに連絡する前に、コンテナをこのようにデバッグしてください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk