ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

カートページのタグ

概要

The Criteo OneTag should be implemented on your Basket/Cart page to track users who abandon their order before the checkout.
The Criteo OneTag should be implemented within the header of your page code. The tag loads asynchronously, so it will not interfere with the page loading times or user experience.
When implementing the Criteo OneTag on your Basket page you will have to dynamically pass the IDs, prices and quantities of each product added to the basket, along with the sitetype and email parameters.

カートページに実装するCriteo V3タグの例:

<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
{ event: "setAccount", account: YOUR UNIQUE ACCOUNT ID },
{ event: "setSiteType", type: "m FOR MOBILE OR t FOR TABLET OR d FOR DESKTOP" },
{ event: "setEmail", email: "TRIMMED AND LOWERCASE USER EMAIL ADDRESS" },
{ event: "viewBasket", item: [
{ id: "FIRST PRODUCT ID", price: FIRST PRODUCT UNIT PRICE, quantity: FIRST PRODUCT QUANTITY },
{ id: "SECOND PRODUCT ID", price: SECOND PRODUCT UNIT PRICE, quantity: SECOND PRODUCT QUANTITY }
/* add a line for each product in the user's basket */
]});
</script>

viewBasket event

Criteo V3タグのviewBasket eventは、カート内の情報を表示するために使用されます。カートに追加された各商品の商品ID、単価と選択された数量を動的に代入することが必要です。ユーザーがカートに同じ商品を2つ加えた場合には、Criteo V3タグにパスされる数量は「2」となります。

viewBasket eventの例:

{ event: "viewBasket", item: [ 
{ id: "FIRST PRODUCT ID", price: FIRST PRODUCT UNIT PRICE, quantity: FIRST PRODUCT QUANTITY },
{ id: "SECOND PRODUCT ID", price: SECOND PRODUCT UNIT PRICE, quantity: SECOND PRODUCT QUANTITY }
/* add a line for each product in the user's basket */

Criteo V3タグに渡される商品IDは、商品のデータフィードにある商品IDと同じである必要があります。

小数点以下の値を持つ価格で小数点が含まれる場合、区切り文字はドットでなければなりません。例: 44.90

ユーザーがカートに2つの商品を加えた場合:

  • 商品ID:A122の単価が£44.90を2点
  • 商品ID:F5532の単価が£85.00を1点

viewBasketイベントの例:

{ event: "viewBasket", item: [ 
{ id: "A122",  price: 44.90,  quantity: 2 }, 
{ id: "F5532", price: 85.00, quantity: 1 }

setSiteTypeパラメーター

setSiteTypeパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで必要となるダイナミックパラメーターです。複数のデバイスごとにサイトが違う場合には、ユーザーに表示しているサイトの種類をsetSiteType パラメータで設定します。

  • PCサイトの場合: d
  • モバイルの場合: m
  • タブレットの場合: t

PCサイト用のsetSiteTypeパラメータ

 { event: "setSiteType", type: "d" },

モバイルサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "m" },

setSiteType parameter on the tablet version of a site:

 { event: "setSiteType", type: "t" },

More information on the site type here

setEmailパラメータ

メールアドレスパラメーターは、サイト内で実装する全てのタグ内に用意されています。このパラメータはCriteo クロスデバイス機能 に使用され複数のデバイス間のユーザーの一致を可能にするものです。メールアドレスのパラメータは、(トリム化し小文字に変換した)ユーザーのメールアドレスを導入し、Criteoがサーバー上への保存する前にMD5アルゴリズムを使用して、ハッシュ化します。Criteoが、ユーザーのメールアドレスにアクセスすることはできず、MD5でハッシュ化されたメールアドレスは、不可逆的かつ匿名状態になっています。

setEmailパラメータの例:

 { event: "setEmail", email: "user@example.com" },

 メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。例:setEmailパラメータが空白の場合

 { event: "setEmail", email: "" },

また、サイト側でMD5ハッシュ機能を使用してハッシュ化されたメールアドレスをタグに代入する事もできます。 (MD5ハッシュ機能に関するプログラミング言語の例を紹介したページへのリンク)この場合には、下記のように変更してください。”setEmail”setHashedEmail”に変更

動的にハッシュ化されたメールアドレス(トリム化され小文字に変換されたもの)を渡します。

ハッシュ化されたメールアドレスの例: user@example.com

setHashedEmail パラメーター

 { event: "setHashedEmail", email: "b58996c504c5638798eb6b511e6f49af" },

メールアドレスが代入できない場合は、空白のままにしてください。例:

 { event: "setHashedEmail", email: "" },
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk