ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

トップページのタグ

概要

トップページにCriteo V3タグを実装することで、バウンサー(トップページを訪問したが購入することなくお客様のサイトを離脱したユーザ)を追跡することができます。その後、Criteoはユーザに対してベストセラー商品を掲載した広告クリエイティブを表示します。

ホームページのタグは、ホームページ上のヘッダーコードに実装してください。商品とは関係のないページ(ブログなど)を訪問するユーザを捉えるために、これらのページにホームページタグを配置するのも1つの手です。タグは非同期的に読み込むので、ページの読み込み時間やユーザ体験に干渉することはありません。

トップページタグを実装する場合、2つのパラメータのみを動的に代入してください。 setSiteType setEmail パラメータ。

トップページに実装するCriteo V3タグの例:

<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
       { event: "setAccount", account: あなたの一意のアカウントID },
        { event: "setSiteType", type: "モバイル用のmまたはタブレット用のまたはデスクトップ用のd" },
      { event: "setEmail", email: "スペースを削除した小文字だけのユーザemailアドレス" },        
{ event: "viewHome"}
);
</script>

viewHomeイベント

viewHomeイベントは、タグをトップページに実装する際のCriteo V3タグの特定のイベントです。これは変更しないでください。 

 { event: "viewHome"}

setSiteTypeパラメーター

setSiteTypeパラメーターは、サイト全体におけるCriteo V3タグ内のダイナミックパラメーターです。複数のデバイスごとにサイトが用意されている場合、ユーザに表示しているサイトの種類をsetSiteType パラメータに代入します。

    • PCサイトの場合: d
    • モバイルの場合: m
    • タブレットの場合: t

サイトの種類についての詳細は こちらをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk