ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

コンバージョンページのタグ

概要

For Criteo OneTag purposes, the Sales Confirmation page is that which is displayed to the user after they have completed a purchase on your site, normally showing them an order ID and a summary of the order.
The Criteo OneTag must be installed on the Sales Confirmation page to track the product bought by your users. Tracking what the user buys allows Criteo to optimize banner display so that products already bought by the user won't be shown on any banners that they see in future. Capturing this information will also allow you to measure the ROI on your Criteo banners.

Cretio V3タグは、各ページのヘッダー内に実装してください。タグの読み込みは非同期なので、ページの読み込み時間やユーザーエクスペリエンスに影響しません。

コンバージョンページにコンバージョンタグを実装する際には、以下にあげるデータを動的に代入する必要があります。 ユーザーが購入した商品ID(複数可)、単価、個数および / 注文ID。またsiteType と メールアドレスパラメーター。

コンバージョンページに実装するCriteo V3タグの例:

<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script> 
<script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(        
{ event: "setAccount", account: YOUR UNIQUE ACCOUNT ID },        
{ event: "setSiteType", type: "m FOR MOBILE OR t FOR TABLET OR d FOR DESKTOP" },    
{ event: "setEmail", email: "TRIMMED AND LOWERCASE USER EMAIL ADDRESS" },        
{ event: "trackTransaction", id: "TRANSACTION ID", item: [
{ id: "FIRST PRODUCT ID",  price: FIRST PRODUCT UNIT PRICE,  quantity: FIRST PRODUCT QUANTITY },                                                                                  
{ id: "SECOND PRODUCT ID", price: SECOND PRODUCT UNIT PRICE, quantity: SECOND PRODUCT QUANTITY }                                                                     
/* add a line for each product in the user's basket */
]});
</script>

trackTransactionイベント

trackTransactionイベントとは、コンバージョンページに実装されたCriteo V3タグのイベントです。

ユーザーの購入を示すトランザクション / 注文IDは動的に代入する必要があります。(トランザクション IDの例は以下を参照してください)

ユーザが購入した商品の商品ID、単価と個数を代入する必要があります。ユーザーが同じ商品を2つ購入した場合は、数量は2となります。

trackTransaction イベント:

{ event: "trackTransaction", id: "TRANSACTION ID", item: [ 
{ id: "FIRST PRODUCT ID",  price: FIRST PRODUCT UNIT PRICE,  quantity: FIRST PRODUCT QUANTITY },
    { id: "SECOND PRODUCT ID", price: SECOND PRODUCT UNIT PRICE, quantity: SECOND PRODUCT QUANTITY }                                     
/* add a line for each product in the user's basket */


Criteo V3タグに代入される商品IDは、データフィード内の商品IDと一致する必要があります。

小数点以下の値を持つ価格で小数点が含まれる場合、区切り文字はドットでなければなりません。例:44.90

例:

ユーザーが購入を完了した場合:

  • 商品ID:A122の単価が£44.90を2点
  • 商品ID:F5532の単価が£85.00を1点

購入のトランザクション/注文IDがG555999の場合、trackTransactionイベントは次のようになります。

{ event: "trackTransaction", id: "G555999", item: [ 
{ id: "A122",  price: 44.90,  quantity: 2 },                                   
{ id: "F5532", price: 85.00, quantity: 1 }

setSiteTypeパラメーター

setSiteTypeパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで必ず代入が必要となるパラメータです。複数のデバイスごとにサイトが違う場合には、ユーザに表示しているサイトの種類を setSiteType パラメータで設定します。

  • PCサイトの場合: d
  • モバイルの場合: m
  • タブレットの場合: t

PCサイト用のsetSiteTypeパラメータ

 { event: "setSiteType", type: "d" },

モバイルサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "m" },

タブレットサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "t" },

More information on the site type here

setEmailパラメータ

setEmailパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで動的な代入が必要となるパラメーターです。このパラメータはCriteo クロスデバイス機能を活用して複数のデバイス間のユーザーを正確に一致させるために使用されています。メールアドレスのパラメータには、トリム化および小文字に変換したユーザーのメールアドレスを代入し、Criteoのサーバー上に保存する前にMD5アルゴリズムを使用してハッシュ化し保存されます。ハッシュ化されたメールは、不可逆的かつ匿名状態になっており、Criteoがユーザーのメールアドレスにアクセスすることはできません。

setEmailパラメータの例:

 { event: "setEmail", email: "user@example.com" },

 メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。

例:setEmailパラメータが空白の場合

 { event: "setEmail", email: "" },

MD5アルゴリズムでハッシュ化したメールアドレスを代入することも可能です。(MD5ハッシュ化に関するプログラミング言語の例を紹介したページへのリンク)。この場合には、下記に示してあるように、”setEmail”を"setHashedEmail”に変更してください。

動的にハッシュ化されたメールアドレス(トリム化され小文字に変換されたもの)を渡します。

ハッシュ化されたメールアドレスの例: user@example.com の場合、下記のようになります。

setHashedEmailパラメータ

 { event: "setHashedEmail", email: "b58996c504c5638798eb6b511e6f49af" },

メールアドレスが代入できない場合は、空白のままにしてください。例:

 { event: "setHashedEmail", email: "" },
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk