ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

必須または任意の情報が欠落しているか、正しくフォーマットされていません

Criteo requires specific dynamic and static parameters to be passed into the Criteo OneTag, so that user browsing intent can be tracked and the Criteo Engine can build relevant product recommendations to display on the Criteo creatives (banners).

以下の3つのパラメータは、Criteo V3タグが実装されているページに共通しています。

  • Account ID
  • SiteType
  • Email

 

必須パラメータ

Account ID

Criteo V3タグの初期設定を行う際に発行されるCriteoのアカウントIDです。仮にお客様のアカウントIDが1234であれば、Criteo V3タグは次のようになります:

 { event: "setAccount", account: 1234 }

Site Type

SiteTypeパラメータは、お客様のサイト内のタグ実装ページで必ず代入が必要となる動的なパラメータです。複数のデバイスごとにサイトが異なる場合には、ユーザに表示しているサイトの種類をSiteTypeパラメータで設定してください。

  • PCサイトの場合: d
  • モバイルの場合: m
  • タブレットの場合: t

モバイル、またはタブレット専用のサイトがない場合には、d を設定します。

PCサイト用のsetSiteTypeパラメータ

{ event: "setSiteType", type: "d" },

モバイルサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

{ event: "setSiteType", type: "m" },

タブレットサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

{ event: "setSiteType", type: "t" },

商品ID、単価、個数、およびトランザクションID

上記のパラメータに加え、Criteo V3タグの実装にはリストページ、商品ページ、カートページコンバージョンページに商品ID、単価、個数、およびトランザクションIDを指定する必要があります。


[商品ID(Product ID)] は、ユーザが閲覧している商品とお客様のフィードから利用できる商品をCriteo V3タグが一致させるために必要なものです。そのページに表示された商品IDがB234である場合、viewItemイベントは次のようになるはずです:
viewItem event example:

{ event: "viewItem", item: "B234" }



サイト内の検索結果ページに表示された上位3つの商品のIDがA111 B234 H556 の場合、viewListイベントは次のようになります。
viewListイベントの例:

{ event: "viewList", item: ["A111", "B234", "H556"] }


ユーザーがカートに2つの商品を追加した場合:

  • 商品ID:A122の単価が£44.90を2点
  • 商品ID:F5532の単価が£85.00を1点

この場合 viewBasket イベントは次のようになります。

 { event: "viewBasket",  item: [ { id: "A122", price: 44.90, quantity: 2 },
{ id: "F5532", price: 85.00, quantity: 1 }
]}

ユーザーが購入を完了した場合:

  • 商品ID:A122の単価が£44.90を2点
  • 商品ID:F5532の単価が£85.00を1点

購入のトランザクション/注文IDがG555999の場合、trackTransactionイベントは次のようになります。   

{ event: "trackTransaction", id: "G555999",
item: [ { id: "A122", price: 44.90, quantity: 2 },
{ id: "F5532", price: 85.00, quantity: 1 }
]}

その他のパラメータ

Email

Eメールパラメータは、お客様のサイト内のタグ実装ページで必ず代入が必要となる動的なパラメータです。このパラメータはCriteoのCriteoクロスデバイス機能(Criteo Cross Device)に使用され、複数のデバイス間でユーザを一致させるものです。Eメールパラメータフィールドに顧客のEメールアドレス(スペースをトリミングし小文字に変換)を指定すると、MD5アルゴリズムを使用してアドレスをハッシュ化し、Criteoのサーバに保存します。ハッシュ化によって暗号化したEメールアドレスは不可逆的に匿名化されるため、Criteoがユーザのアドレスにアクセスすることはできません。

setEmailパラメータの例:

{ event: "setEmail", email: "user@example.com" },

 メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。

setEmailパラメータが空白の場合

{ event: "setEmail", email: "" },


Alternatively, you can pass the encrypted email address using an MD5 hash function. In this case, you should replace the default "setEmail" with “SetHashedEmail” as shown below.

最後にハッシュ化されたメールアドレス(トリム化され小文字に変換後)を動的に代入します。

ハッシュ化されたメールアドレスの例: user@example.com の場合、下記のようになります。 

{ event: "setHashedEmail", email: "b58996c504c5638798eb6b511e6f49af" },

メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。例:

{ event: "setHashedEmail", email: "" },

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk