ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

必須または任意の情報が欠落しているか、正しくフォーマットされていません

Criteoエンジンがユーザーの関心・意図を把握し、Criteoのバナー上で、それぞれに関連性の高い商品をレコメンド可能にするには、Criteo V3タグに送られる特定の動的および静的なパラメータが必要です。
以下の3つのパラメータは、Criteo V3タグが実装されているページに共通しています。

  • Account ID
  • SiteType
  • Email

必須パラメータ

Account ID

Criteoが発行するお客様のアカウントIDです。Criteo V3タグを実装いただく際に提供しています。アカウントIDが、1234の場合にCriteo V3タグは次のようになります。

 { event: "setAccount", account: 1234 }

Site Type

SiteTypeパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで必ず代入が必要となるパラメータです。複数のデバイスごとにサイトが違う場合には、ユーザに表示しているサイトの種類を SiteType パラメータで設定します。

  • PCサイトの場合: d
  • モバイルの場合: m
  • タブレットの場合: t

モバイル、またはタブレット専用のサイトがない場合には、d を設定します。

PCサイト用のsetSiteTypeパラメータ

 { event: "setSiteType", type: "d" },


setSiteType parameter for the mobile version of a site:

 { event: "setSiteType", type: "m" },


setSiteType parameter for the tablet version of a site:

 { event: "setSiteType", type: "t" },

商品ID、単価、個数、およびトランザクションID

On top of the above parameters, the implementation of the Criteo OneTag in the Search Listing, Product, Basket and Sales Confirmation pages require other parameters (Product ID, Price, Quantity and Transaction ID)
Product ID is necessary for the Criteo OneTag to match what your users are looking at with the available products from your feed. If the ID for the product displayed on the page is B234, the viewItem event will look like:
viewItem event example:

 { event: "viewItem", item: "B234" }



If the IDs for the top three products displayed on the search result or category listing page are A111, B234 and H556, the viewList event will look like:
viewList event example:

 { event: "viewList", item: ["A111", "B234", "H556"] } 


If the user has added two items to the basket:

  • 商品ID:A122の単価が£44.90を2点
  • 商品ID:F5532の単価が£85.00を1点

この場合 viewBasket イベントは次のようになります。

 { event: "viewBasket",  item: [ { id: "A122", price: 44.90, quantity: 2 },
{ id: "F5532", price: 85.00, quantity: 1 }
]}

ユーザーが購入を完了した場合:

  • 商品ID:A122の単価が£44.90を2点
  • 商品ID:F5532の単価が£85.00を1点

購入のトランザクション/注文IDがG555999の場合、trackTransactionイベントは次のようになります。   

{ event: "trackTransaction", id: "G555999",
item: [ { id: "A122", price: 44.90, quantity: 2 },
{ id: "F5532", price: 85.00, quantity: 1 }
]}

その他のパラメータ

Email

setEmailパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで動的な代入が必要となるパラメーターです。このパラメータはCriteo クロスデバイス機能に使用され、複数のデバイス間のユーザーの一致を可能にするものです。メールアドレスのパラメータフィールドには、(トリム化し小文字に変換した)ユーザーのメールアドレスを代入し、Criteoがサーバー上への保存する前にMD5アルゴリズムを使用して、ハッシュ化します。Criteoが、ユーザーのメールアドレスにアクセスすることはできず、MD5でハッシュ化されたメールアドレスは、不可逆的かつ匿名状態になっています。

setEmailパラメータの例:

 { event: "setEmail", email: "[email protected]" },

 メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。

setEmailパラメータが空白の場合

 { event: "setEmail", email: "" },


Alternatively, you can pass the encrypted email address using an MD5 hash function (here a link to a page with some examples on different programming languages of MD5 hash functions). In this case, you should replace the default "setEmail" with “SetHashedEmail” as shown below.

(トリム化され小文字に変換後)ハッシュ化されたメールアドレスを動的に代入します。

ハッシュ化されたメールアドレスの例: [email protected] の場合、下記のようになります。 

 { event: "setHashedEmail", email: "b58996c504c5638798eb6b511e6f49af" },


Please leave this parameter blank if an email address is not available. Example:

 { event: "setHashedEmail", email: "" },
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk