ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

必須または任意の情報が欠落しているか、正しくフォーマットされていません

Criteoエンジンがユーザーの関心・意図を把握し、Criteoのバナー上で、それぞれに関連性の高い商品をレコメンド可能にするには、Criteo V3タグに送られる特定の動的および静的なパラメータが必要です。
以下の3つのパラメータは、Criteo V3タグが実装されているページに共通しています。

  • Account ID
  • SiteType
  • Email

必須パラメータ

Account ID

Criteoが発行するお客様のアカウントIDです。Criteo V3タグを実装いただく際に提供しています。アカウントIDが、1234の場合にCriteo V3タグは次のようになります。

 { event: "setAccount", account: 1234 }

Site Type

SiteTypeパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで必ず代入が必要となるパラメータです。複数のデバイスごとにサイトが違う場合には、ユーザに表示しているサイトの種類を SiteType パラメータで設定します。

  • PCサイトの場合: d
  • モバイルの場合: m
  • タブレットの場合: t

モバイル、またはタブレット専用のサイトがない場合には、d を設定します。

PCサイト用のsetSiteTypeパラメータ

 { event: "setSiteType", type: "d" },

モバイルサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "m" },

タブレットサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "t" },

商品ID、単価、個数、およびトランザクションID

上記のパラメータに加えて、Criteo V3タグの実装にはリストページ、商品ページ、カートページコンバージョンページ商品ID、単価、個数、およびトランザクションIDを入れる必要があります。
商品IDは、ユーザーが閲覧していた商品IDと、フィード内の商品IDとが一致している必要があります。ページに表示された商品のIDがB234の場合には、
viewItemイベントも下記のようになります。

 { event: "viewItem", item: "B234" }



サイト内の検索結果ページに表示された上位3つの商品のIDがA111 B234 H556 の場合、viewListイベントは次のようになります。
viewListイベントの例:

 { event: "viewList", item: ["A111", "B234", "H556"] } 


ユーザーがカートに2つの商品を追加した場合:

  • 商品ID:A122の単価が£44.90を2点
  • 商品ID:F5532の単価が£85.00を1点

この場合 viewBasket イベントは次のようになります。

 { event: "viewBasket",  item: [ { id: "A122", price: 44.90, quantity: 2 },
{ id: "F5532", price: 85.00, quantity: 1 }
]}

ユーザーが購入を完了した場合:

  • 商品ID:A122の単価が£44.90を2点
  • 商品ID:F5532の単価が£85.00を1点

購入のトランザクション/注文IDがG555999の場合、trackTransactionイベントは次のようになります。   

{ event: "trackTransaction", id: "G555999",
item: [ { id: "A122", price: 44.90, quantity: 2 },
{ id: "F5532", price: 85.00, quantity: 1 }
]}

その他のパラメータ

Email

setEmailパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで動的な代入が必要となるパラメーターです。このパラメータはCriteo クロスデバイス機能に使用され、複数のデバイス間のユーザーの一致を可能にするものです。メールアドレスのパラメータフィールドには、(トリム化し小文字に変換した)ユーザーのメールアドレスを代入し、Criteoがサーバー上への保存する前にMD5アルゴリズムを使用して、ハッシュ化します。Criteoが、ユーザーのメールアドレスにアクセスすることはできず、MD5でハッシュ化されたメールアドレスは、不可逆的かつ匿名状態になっています。

setEmailパラメータの例:

 { event: "setEmail", email: "user@example.com" },

 メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。

setEmailパラメータが空白の場合

 { event: "setEmail", email: "" },

MD5アルゴリズムでハッシュ化したメールアドレスを代入することも可能です。(MD5ハッシュ化に関するプログラミング言語の例を紹介したページへのリンク)。この場合は、下記のように”setEmail”を"setHashedEmail”に変更してください。

(トリム化され小文字に変換後)ハッシュ化されたメールアドレスを動的に代入します。

ハッシュ化されたメールアドレスの例: user@example.com の場合、下記のようになります。 

 { event: "setHashedEmail", email: "b58996c504c5638798eb6b511e6f49af" },

メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。例:

 { event: "setHashedEmail", email: "" },
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk