ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

複数の支払い方法を購入プロセスで選択可能です。

概要

ユーザが選択した支払い方法に関係なく、Webサイトのコンバージョンページにコンバージョンタグを実装することで、ユーザが購入した商品を的確に把握できるようになります。ユーザの購入履歴を正確に把握できるようにすることで、購入済みの商品を再度同じユーザのバナーに表示されないよう、バナー表示を最適化することができます。また、適切な情報をもとにCriteoキャンペーンのROIを測定することができます。

支払い方法ごとに異なるコンバージョンページがある場合には、それぞれのページにコンバージョンタグを実装して、それらすべてが正確に動作していることを確認してください。Cretio V3タグは、サイトのヘッダーコード内に実装してください。タグの読み込みは非同期であるため、ページの読み込み時間やユーザエクスペリエンスに影響を与えることはありません。

自社ドメイン以外で購入完了が発生する場合

PayPalなど、購入の完了が自社のドメイン外で行われる支払い方法を提供している場合には、この支払い方法を選択しているユーザの大部分はお客様のWebサイトにリダイレクトされません。外部ドメインから、お客様のコンバージョンページやThank Youページに自動的にリダイレクトされない場合は、お客様のサイトの「購入」ボタンにコンバージョンタグを実装することで計測が可能になります。

以下の例では、「PayPal」というボタンにタグを実装する方法を示しています。1つ追加すべき機能があります。

外部ドメインでのコンバージョンを計測するために必要となるCriteo V3タグの実装例:

 <!-- //Criteo Loader -->
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>

<!--............-->

<script type="text/javascript">
function load_Criteo_OneTag(){
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
{ event: "setAccount", account: YOUR UNIQUE ACCOUNT ID },
{ event: "setSiteType", type: "m FOR MOBILE OR t FOR TABLET OR d FOR DESKTOP" },
{ event: "setEmail", email: "TRIMMED AND LOWERCASE USER EMAIL ADDRESS" },
{ event: "trackTransaction", id: "TRANSACTION ID",
item: [ { id: "FIRST PRODUCT ID", price: FIRST PRODUCT UNIT PRICE, quantity: FIRST PRODUCT QUANTITY },
{ id: "SECOND PRODUCT ID", price: SECOND PRODUCT UNIT PRICE, quantity: SECOND PRODUCT QUANTITY }
/* add a line for each product in the user's basket */
]});
}
</script>

<!--............-->

<button type="button" onclick="load_Criteo_OneTag()">PayPal</button>

複数のクリックによる重複したコンバージョン計測を回避する方法

ユーザが外部の支払い方法にリダイレクトされる「購入」ボタンをダブルクリックする場合もあるため、ユーザがクリックするたびにタグが実行されないように、複数回実行されるイベントを防止するための変数を追加することができます。

以下の例を参照してください:

複数クリックを検出するためにコンバージョンページに実装されるCriteo V3タグの例:

 <!-- //Criteo Loader -->
<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<!-- // Declare the variable -->
<script type="text/javascript">
var cto_clicked = false;
</script>

<!--............-->

<script type="text/javascript">
function load_Criteo_OneTag(){
if (!window.cto_clicked){
window.clicked = true;
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
{ event: "setAccount", account: YOUR UNIQUE ACCOUNT ID },
{ event: "setSiteType", type: "m FOR MOBILE OR t FOR TABLET OR d FOR DESKTOP" },
{ event: "setEmail", email: "TRIMMED AND LOWERCASE USER EMAIL ADDRESS" },
{ event: "trackTransaction", id: "TRANSACTION ID",
item: [ { id: "FIRST PRODUCT ID", price: FIRST PRODUCT UNIT PRICE, quantity: FIRST PRODUCT QUANTITY },
{ id: "SECOND PRODUCT ID", price: SECOND PRODUCT UNIT PRICE, quantity: SECOND PRODUCT QUANTITY }
/* add a line for each product in the user's basket */
]});
}
}
</script>

<!--............-->

<button type="button" onclick="load_Criteo_OneTag()">PayPal</button>

ランダムトランザクションIDの生成

コンバージョンタグを実装する際に、タグに代入するトランザクションIDがない場合、ランダム機能を使用することができます。

ランダム機能:

 Math.floor(Math.random()*9999999) 

以下の例では、このランダム機能をprefix"Button_"と組み合わせ、より容易に識別できるトランザクションIDを生成します。複数の支払いオプションを使用する場合は、ユーザが選択した方法に合わせて「Button」を変更することができます。ペイパルにリダイレクトするボタンにこのコードを実装した場合、トランザクションの識別を容易にするために、例えば「Button」の代わりに「PayPal」を使用することもできます。


以下のコードは、トランザクションIDに関連する部分を強調するために、Criteo V3タグのトランザクションイベントをトラッキングする部分だけを抽出したものです。

Criteo V3タグ は、購入完了ページに実装されています。

 <!--............-->
{ event: "trackTransaction", id: "PayPal_" + Math.floor(Math.random()*9999999),
item: [ { id: "FIRST PRODUCT ID", price: FIRST PRODUCT UNIT PRICE, quantity: FIRST PRODUCT QUANTITY },
{ id: "SECOND PRODUCT ID", price: SECOND PRODUCT UNIT PRICE, quantity: SECOND PRODUCT QUANTITY }
/* add a line for each product in the user's basket */
]});
<!--............-->

別のお支払い方法の例

  • クレジットカード/デビットカード
  • PayPal
  • 小切手
  • 銀行振込
  • アマゾンでのお支払い

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk