ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

Criteo V3タグの構造

The Criteo OneTag must be implemented within the header code of your site.
The tag loads asynchronously so it won't interfere with the page loading time or user experience.

Criteo V3タグをトップページに実装する方法の例を以下に示します:

<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true">
</script> <script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
        { event: "setAccount", account: YOUR UNIQUE ACCOUNT ID },
        { event: "setSiteType", type: "m FOR MOBILE OR t FOR TABLET OR d FOR DESKTOP" },
      { event: "setEmail", email: "TRIMMED AND LOWERCASE USER EMAIL ADDRESS" },
        { event: "viewHome"} ); </script>

 

 ローダー

ローダーはウェブサイトのプロトコルを自動的に認識します。HTTP またはHTTPSでも ローダーの記述は変更しないでください。

Criteo ローダー:

 <script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>

  アカウントIDパラメーター

CriteoのアカウントIDパラメーターはお客様のCriteoアカウントに 一意のものです。この値は変更しないでください。

アカウントIDパラメータ:

 { event: "setAccount", account: YOUR UNIQUE ACCOUNT ID },

  setSiteType パラメーター

setSiteTypeパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで必ず代入が必要となるパラメータです。複数のデバイスごとにサイトが違う場合には、ユーザに表示しているサイトの種類をsetSiteType パラメータで設定します。

  • PCサイトの場合: d
  • モバイルの場合: m
  • タブレットの場合: t

モバイル、またはタブレット専用のサイトがない場合には、d を設定します

PCサイト用のsetSiteTypeパラメータ

 { event: "setSiteType", type: "d" },

モバイルサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "m" },

タブレットサイトのsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "t" },

  Email パラメーター

setEmailパラメーターはお客様サイト内のすべてのページに渡って実装された各 Criteo V3タグ内に存在します。このパラメーターはCriteo クロスデバイス によって使用され複数のデバイスに渡ってユーザーを正確に一致させます。emailのパラメーターフィールドで、(トリム化および小文字に変換した)顧客のemailアドレスを渡し、 サーバー上に保存する前に MD5アルゴリズムを使用して自動的にハッシュ化されます。ハッシュ化されたemailメールアドレスは、不可逆的に暗号化され匿名になっているので、Criteoはユーザーのemailアドレスにアクセスすることはできません。

setEmailパラメータ:

 { event: "setEmail", email: "user@example.com" },

メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。

setEmailパラメータが空白の場合

 { event: "setEmail", email: "" },

MD5アルゴリズムでハッシュ化したメールアドレスを代入することも可能です。(MD5ハッシュ化に関するプログラミング言語の例を紹介したページへのリンク)。この場合は、下記のように”setEmail”を"setHashedEmail”に変更してください。

メールアドレスは、MD5ハッシュ機能を使用してハッシュ化する前に、トリム化して小文字に変換する必要があります。その後、ハッシュ化された文字列を setHashedEmail パラメータに代入することが可能です。 

ハッシュ化されたメールアドレスの例: user@example.com

setHashedEmail パラメーター

 { event: "setHashedEmail", email: "b58996c504c5638798eb6b511e6f49af" },

メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。

 { event: "setHashedEmail", email: "" },

  ページ特有のイベントパラメーター

The last event parameter varies depending on the page where the Criteo OneTag is implemented;
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk