ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます

リストページのタグ

概要

検索一覧ページは 複数の商品を表示します。 カテゴリーページまたは検索結果ページです。これらのページにCriteo V3タグを実装することにより、 (例えば、特定のカテゴリーの商品など)ある種類の商品に対するユーザーの関心を追跡することができます。

多くのユーザーは検索結果リストとカテゴリーページを閲覧するだけで、商品詳細のページは閲覧せずに離脱します。そのためこれらの上位レベルのページにCriteo V3タグを実装することが、ユーザーの関心を把握する鍵を握っています。

Criteo V3タグはお客様サイトの各ページのヘッダー内に実装される必要があります。タグは非同期的に読み込まれるので、ページの読み込み時間やユーザー体験に干渉することはありません。

検索結果やカテゴリーのリストページにCriteo V3タグを実装する際には、ページに表示されるトップ3商品のproduct IDSiteTypeおよびemailパラメーターを動的に渡す必要があります。

リストページに実装するCriteo V3タグの例:

<script type="text/javascript" src="//static.criteo.net/js/ld/ld.js" async="true"></script>
<script type="text/javascript">
window.criteo_q = window.criteo_q || [];
window.criteo_q.push(
{ event: "setAccount", account: YOUR UNIQUE ACCOUNT ID },
{ event: "setSiteType", type: "m FOR MOBILE OR t FOR TABLET OR d FOR DESKTOP" },
{ event: "setEmail", email: "TRIMMED AND LOWERCASE USER EMAIL ADDRESS" },
{ event: "viewList", item: ["FIRST PRODUCT ID", "SECOND PRODUCT ID", "THIRD PRODUCT ID"] }
);
</script>

viewListイベント

viewItem イベントは、タグが検索結果またはカテゴリーリストページに実装されている際に使用されるCriteo V3タグのイベントです。ページ上でユーザーに表示された商品IDはitemパラメーターに代入してください。

 { event: "viewList", item: ["FIRST PRODUCT ID", "SECOND PRODUCT ID", "THIRD PRODUCT ID"] }

Criteo V3タグで渡される Product IDは、商品のデータフィードにあるIDと まったく同一のものである必要があります。

例えば、検索結果やカテゴリーのリストページに表示されたトップ3のIDが A111 、 B234 、 H556 の場合、 viewListイベントは次のように表示されます:

 { event: "viewList", item: ["A111", "B234", "H556"] }

setSiteTypeパラメーター

SiteTypeパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで必ず代入が必要となるパラメータです。複数のデバイスごとにサイトが用意されている場合、ユーザに表示しているサイトの種類をsetSiteType パラメータに代入します。

  • PCサイトの場合: d
  • モバイルの場合: m
  • タブレットの場合: t

モバイルまたはタブレット専用のサイトがない場合には、その値をd に設定します。

PCサイト用のsetSiteTypeパラメータ

 { event: "setSiteType", type: "d" },

モバイルサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "m" },

タブレットサイト用のsetSiteTypeパラメータ:

 { event: "setSiteType", type: "t" },

setEmailパラメータ

setEmailパラメーターは、サイト内のタグ実装ページで動的な代入が必要となるパラメーターです。このパラメータはCriteo クロスデバイス機能を活用して複数のデバイス間のユーザーを正確に一致させるために使用されています。メールアドレスのパラメータには、トリム化および小文字に変換したユーザーのメールアドレスを代入し、Criteoのサーバー上に保存する前にMD5アルゴリズムを使用してハッシュ化し保存されます。ハッシュ化されたメールは、不可逆的かつ匿名状態になっており、Criteoがユーザーのメールアドレスにアクセスすることはできません。

setEmailパラメータの例:

 { event: "setEmail", email: "user@example.com" },

 メールアドレスが代入できない場合は空白のままにしてください。例:setEmailパラメータが空白の場合

 { event: "setEmail", email: "" },

MD5アルゴリズムでハッシュ化したメールアドレスを代入することも可能です。(MD5ハッシュ化に関するプログラミング言語の例を紹介したページへのリンク)。この場合には、下記に示してあるように、”setEmail”を"setHashedEmail”に変更してください。

ハッシュ化されたメールアドレスの例: user@example.com の場合、下記のようになります。

 { event: "setHashedEmail", email: "b58996c504c5638798eb6b511e6f49af" },

メールアドレスが代入できない場合は、空白のままにしてください。

 { event: "setHashedEmail", email: "" },
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk