ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

Google Tag Manager - 公開およびデバッグ

公開

一般情報

  • すべてが正しくセットアップされたら、設定を配信することができます。
  • 設定を変更するたびに公開にすることは必須となっています、そうしなければ、あなたのウェブサイトにそれらは反映されず、期待通りにdataLayer /Criteo OneTagが機能しません。
  • 変更を公開するには、Googleタグマネージャの概要ページに移動し、「公開」を選択して下さい: 

デバッグ作業

  • Googleタグマネージャは、ミスを見つけるためにあなたのコンテナをデバッグすることができます。よくある間違いは、タグが正しいページで発火しないか、またはタグがdataLayerからの正しい情報を渡していないことです。
  • デバッグするために、コンテナの新しいバージョンを作成する必要があります。それが作成されたら、「プレビュー」ボタンをクリックして、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。

  • During the debug process you will see a Google Tag Manager frame around your site that allows you to view which tags were fired, why the tags were fired, and the information that has been passed via the dataLayer.
  • ここで多くのミスを簡単に見つけ、直すことができるので、Criteoに連絡する前に、コンテナをこのようにデバッグしてください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk