ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

警告 - ハードコードされたemailアドレス

概要

この警告が表示される理由は、すべてのイベントで同一のメールアドレスをタグに代入している場合に表示されます。例えば、"username@domain.com"のような特定のメールアドレスをsetEmailまたはsetHashedEmailイベントに固定で代入している場合に修正が必要になります。

Criteo V3で送信するemailアドレスはお客様のサイト上のすべてのユーザーについてユニークな、かつハードコードされていないものである必要があります。そのemailアドレスは、ユーザーがお客様のサイトへログインする際に使用するか – チェックアウトの際に入力したものです。

これは 間違っています:    

{ event: "setEmail", email: "username@domain.com" },

これは 間違っています

{ event: "setHashedEmail", email: "username@domain.com" },

ソリューション

ユーザーのemailアドレスは sethashedemail または setEmail イベントで送信する必要があります。これら2つのイベントについての詳細は ここで確認してください。

(MD5アルゴリズムを使用して)専用の関数によりあらかじめハッシュ化されたemailアドレスを送信することを推奨します。下記の例について sethashedemail イベントで送信されたMD5でハッシュ化されたemailをチェックします:

これは 正しいです

{ event: "setHashedEmail", email: "b58996c504c5638798eb6b511e6f49af" },

ハッシュ化されていないまたはハッシュ化されたemailアドレスを渡すことができない場合は、空白の文字列を渡すだけでかまいません:

{ event: "setHashedEmail", email: "" },

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk