ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

Googleタグマネージャ経由でのCriteo V3タグ実装

概要

様々なトラフィック分析およびマーケティング最適化サービスを管理することは、多くの場合Webサイトのソースコードを変更するなど大変な作業となります。Google Tag Managerではタグの一元管理、作成、設定をおこなうことができます。

To implement the Criteo OneTag via Google Tag Manager, complete the following five steps (you can skip step one if you already have a dataLayer implemented on all required pages).

実装の指示

1. Set up the dataLayer

  • The dataLayer is a variable declared in the source code of your website on each page that features the Criteo OneTag. It is not implemented through the Google Tag Manager website. The content of the dataLayer will determine what information is transmitted to us through the Criteo OneTag.

2. Define the variables

  • On this step you will teach Google Tag Manager how to retrieve the information contained in your dataLayer. After the variables are set up, the information available in the dataLayer will be fed automatically into the Criteo OneTag.

 

3. Set up the triggers

  • トリガーはいつGoogle Tag Managerがタグを発行するか決定します。これによって確実にCriteo V3タグは必要な時にだけ有効になります。

4. Create the tags

  • The Criteo OneTag can be set up in an instant using the variables defined on the previous step.

 

5. パブリッシュする

  • On this last step you will be able to review the configuration, make sure it is working as expected, and put it live on your website.
この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk