ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

警告 - ハードコードされた個数

概要

You’ll see this warning message if you don’t implement the Criteo OneTag Quantity parameter to dynamically pass the quantity when the tag fires. It’s likely that the value of the quantity is being hard coded on the Criteo OneTag exactly as it appears in the Integrate Platform.

 

{ event: "viewBasket", item:    [{id: "A123", price: 29.95, quantity: "quantity_1" }]}

quantityの値は、viewBasketおよびtrackTransactionイベントの必須項目です。イベントについての詳細はここで確認してください。

 

ソリューション

quantityお値がバスケットと購入完了ページ用のCriteo V3タグに動的に代入されていることを確認してください。

これは正しいです:
ユーザーがバスケットページにいて、そのユーザーがバスケットにアイテムA123を4ユニット入れている場合、 Criteo V3中のviewBasket イベントは次のように表示されるはずです:

 

{ event: "viewBasket", item:

   [{id: "A123", price: 29.95, quantity: 4 }]

}

 

If you implement the Criteo OneTag via Google Tag Manager, please make sure your variables are correctly defined and the Google Tag Manager dataLayer contains the data used in those variables.

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk