ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

商品フィードをインポートするためのIntegrationプラットフォームの使い方は

概要

CriteoはWebサイトでパブリッシュされた商品に関してのすべてのデータを取得する必要があります。このデータを使用して Criteoは顧客へのレコメンデーションを生成し、オンサイトのコンバージョン率を上げるパーソナライズされた広告を配信することができます。商品フィードに関する詳細を知るには、 Criteo商品フィードの仕様の記事をチェックしてください。

インテグレーション過程の間当社はお客様が商品フィードデータをCriteoシステムへインポートできるようにサポート致します。商品フィードは次の4つのステップでインポートされます:フィードに必要な設定を行う、フィードを提供する、 インポートおよび インポート結果全体を認証する。これらはお客様がどのステップに現在いるのかをナビゲーションバーで示す連続的なステップです。

 

ステップ1.商品フィードに必要な設定を行う

最初のステップは商品フィードに必要な設定を行うことです。この時に商品フィードをCriteoへ送りたい方法を選択するように求められます。お客様はCriteoの商品フィードの仕様に合致する商品フィードを提供するか、あるいはGoogleの仕様で既存の 商品フィードを再利用することができます。Criteoの商品フィードの仕様とファイル形式についての詳細はここをご参照ください。

GoogleもしくはCriteo仕様に合致する商品フィードを提供できず、違うタイプの商品フィードの仕様を使用している場合、当社の技術ソリューションのエンジニアにサポートセンターからチケットを送信して連絡を取ってください。  技術ソリューションのエンジニアがこの過程についてお客様を支援するために連絡を差し上げます。

 

ステップ2.お客様の商品フィードを提供する:

第2のステップはお客様の商品フィードを提供することです。このステップでは Criteoがお客様の商品フィードを取得できる場所を指定することになります。Criteoのインテグレーション プラットフォームにより、お客様は商品フィードを直接 Criteoデータシステムへインポートすることができます。

商品フィードを取得しそこに含まれるすべての商品をインポートできるには、インテグレーション・プラットフォームに、下記のプロトコルのいずれかを使用してお客様の商品フィードにアクセスできる権限が必要です。

  1. FTP (ファイル転送用プロトコル) 
  2. HTTPもしくはHTTPS

Criteoの商品フィードのインポート方法についての詳細はここを参照してください。確実に商品フィードを使用してパーソナライズされた広告を作成Criteoバナーを生成することができるように、当社はそれをインポート、分析し、その抽出をテストします。商品フィードをインポートできない場合、エラーや警告の可能性についての情報をフィードバックとして伝えることでインテグレーションのプラットフォームがお客様に通知します。サポートセンター にアクセスして商品フィードのインポートに関する問題をトラブルシューティングし解決することができます。 ひとたび商品フィードの抽出を正常にインポートできれば、商品フィードのインポートの検証へ進むことができます。

 

ステップ3.商品フィードのインポートを検証する

 

 

ひとたび商品フィードの一部をインポートすれば、(およそ300の商品の)商品フィードの集合についてのフィードバックが得られます。これはつまりフィード検証ダッシュボードが解決を必要とするエラーを検知した場合に 通知を行うことを意味します。各商品についての実例を使用して エラーと警告を確認し、トラブルシューティングの方法を理解するための追加情報を知ることができます。商品フィードのインポートが正常に行われ、エラーも警告も出なかった場合は 商品フィードのインポートを検証し 次のステップへ進むことができます。

商品フィードの部分的なインポートに何か解決を必要とする事態が発生した場合、 フィード検証ダッシュボードは警告とエラーおよび商品属性を確認および解決する方法を示し、 また注目しなければならない商品の実例を示します。

 

ステップ4.インポート結果の全体

ひとたび商品フィードの部分的インポートを検証すれば、 Criteoはインポート過程の全体を開始します。商品フィードのインポートに必要な時間はフィードのサイズに応じて15分から数時間の範囲です。 ひとたび正常にインポートが行われれば、Criteoは電子メールで通知します。 Criteoは部分的なフィードのインポートの過程中のものと同類のフィードバックも提供し、 Criteoが商品フィード全体をチェックしたかどうか確認します。

ひとたび商品フィード全体がインポートされれば、必要に応じてお客様の側で追加的なチェックを行うために一連の 商品を見るチャンスができます。このことはこの所定の商品用にCriteoによって保管されたデータを検証するために商品IDを使用して所定の商品を検索できることを意味します。ひとたび商品フィードが正常に行われれば、商品フィードについての完全な商品情報を見るチャンスができます。

ひとたび商品フィードを正常にインポートできれば、商品フィードの毎日のインポートを有効にして確実に最新の商品情報を取得できるようにします。商品フィードが毎日特定の時間に更新される場合は、 最も最新の情報と共にインポートできるように商品フィードの毎日のインポートをスケジュールに組み込むオプションが与えられます。

フィードをスケジュールに組み込む:

 

1日に1度商品フィードのインポートをスケジュールに組み込むことができ、Criteoは表示した時間に応じてインポートの時間を指定します。

最終ステップとして、商品フィードのインポート全体の確認を受け取ります。この情報を受け取った後、インテグレーション過程の次のステップに進むことができます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk