ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

ステップ 2 Google Tag Manager:変数

概要

このステップではお客様のdataLayerに含まれる情報を読み出す方法をGoogle Tag Managerに指示します。変数 が設定された後、dataLayerで提供された情報は、Criteo OneTagに自動的にフィードされます。

変数の作成

作成が必要なすべての変数と記入内容の詳細を以下に記載しています。ここでは、ステップ1:データレイヤー(dataLayer)で定義したものと同じ名前を使用します。

変数は簡単に設定することができます:

1. 変数>ユーザ定義変数> NEW の順でクリックしてください

2. 下のリストを使用して変数にname、タイプおよび値を代入します

変数リスト

CriteoPartnerID

  • 変数タイプ: 文字列定数
  • タグのガイド内にアカウントIDが提供されています。下記のようになります。
{ イベント: "setAccount", アカウント: 11532},

 

CriteoEmail

  • 変数タイプ: Data Layer変数
  • dataLayer変数の名前を選択してメールアドレスを設定してください。この例では ' email ':
<script type="text/javascript">
dataLayer = dataLayer || [];
dataLayer.push({
'email': 'john@doe.com'
});
</script>

 

CriteoSiteType

  • 変数タイプ:  カスタムJavaScript
  • ユーザが使用するデバイスを定義するには、次のスクリプトを使用します。
function(){
return /iPad/.test(navigator.userAgent)?"t":/Mobile|iP(hone|od)|Android|BlackBerry|IEMobile|Silk/.test(navigator.userAgent)?"m":"d";
}

 

CriteoProductID

  • 変数タイプ: Data Layer変数
  • 商品ページの商品IDに設定した [dataLayer] 変数の名前を指定します。この例では、[ProductID] になります:
<script type="text/javascript">
dataLayer = dataLayer || [];
dataLayer.push({
'PageType': 'ProductPage',
'ProductID': 'ProductID'
});
</script>

CriteoProductIDList

  • 変数タイプ: Data Layer変数
  • リスティングページの3つの商品IDのリストに設定した [dataLayer] 変数の名前を指定します。この例では、[ProductIDList] になります:
<script type="text/javascript">
dataLayer = dataLayer || [];
dataLayer.push({
'PageType':'ListingPage',
'ProductIDList' : ['ProductID_1', 'ProductID_2', 'ProductID_3']
});
</script>

Criteoページタイプ

  • 変数タイプ: Data Layer変数
  • 各ページのページの種類に設定した [dataLayer] 変数の名前を指定します。この例では、[PageType] になります:
<script type="text/javascript">
dataLayer = dataLayer || [];
dataLayer.push({
'PageType':'ListingPage',
'ProductIDList' : ['ProductID_1', 'ProductID_2', 'ProductID_3']
});
</script>

CriteoBasketProducts

  • 変数タイプ: Data Layer変数
  • ショッピングカートページの商品情報リストに設定した [dataLayer] 変数の名前を指定します。この例では、[ProductBasketProducts] になります。
<script type="text/javascript">
var product_list = [];
product_list.push(
{ id: "productID_1", price: price_1, quantity: quantity_1 },
{ id: "productID_2", price: price_2, quantity: quantity_2 }
/* add a line for each item in the user's cart */
);
dataLayer = dataLayer || [];
dataLayer.push({
'PageType': 'BasketPage',
'ProductBasketProducts': product_list
});
</script>

CriteoTransProducts

  • 変数タイプ: Data Layer変数
  • 販売確認ページの商品情報リストに設定した [dataLayer] 変数の名前を指定します。この例では、[ProductTransactionProducts] になります:
<script type="text/javascript">
var product_list = [];
product_list.push(
{ id: "productID_1", price: price_1, quantity: quantity_1 },
{ id: "productID_2", price: price_2, quantity: quantity_2 }
/* add a line for each item in the user's cart */
);
dataLayer = dataLayer || [];
dataLayer.push({
'PageType': 'TransactionPage',
'ProductTransactionProducts': product_list
});
</script>

TransactionID

  • 変数タイプ: Data Layer変数
  • 注文番号/トランザクションIDに設定した [dataLayer] 変数の名前を指定します。この例では、[TransactionID] になります:
<script type="text/javascript">
dataLayer = dataLayer || [];
dataLayer.push({
'PageType': 'TransactionPage',
'TransactionID': 'TransactionID'
});
</script>

次に行うこと。

以上の設定により、Googleタグマネージャはお客様のバックエンドからデータを抽出し、適切にフォーマットできるようになります。次は、Criteo V3タグを起動するためのステップです。この仕組みはトリガー(Triggers)と呼ばれ、詳細については「ステップ3:トリガー(Triggers)」をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk