ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

複数の通貨を使用するWebサイトを管理する

概要

例えば、世界中のユーザから予約を受ける旅行サイトのように、ユーザがさまざまな通貨で商品を購入できる場合には、購入があった商品をレポートする際の通貨を事前に設定しておくことをお勧めします。

通貨をあらかじめ設定しておくことで、Criteo側でもお客様独自のレポートと整合がとれた、適切なキャンペーンの通貨を使用したレポーティングが行えるようになります。

商品価格はバスケットと取引イベントで渡されるだけなので、この機能はCriteo V3タグのこれら2つのイベントにのみ使用することが推奨されます。一つの通貨で商品を販売しているだけの場合、この機能は使用してはなりません。

ここでは有効なISO通貨コードのみ使用できます(詳しくはhttp://www.iso.org/iso/fr/home/standards/currency_codes.htmをご確認ください)

したがってこの入力値は通貨コードに対応する有効な3文字の文字列(例:'EUR'、'USD'、 'JPY'など)である必要があります。

  • ISO通貨コード
    • 3文字の文字列
    • 有効な通貨コード(例:"EUR"、"USD"、"BRL"など)
  • 大文字の文字
    • 「JPY」は有効な入力ですが、「jpy」は駄目です。

使用法

ユーザが自分のサイトで選択した通貨の3文字の文字列を入力します。価格の数値はサイト上に表示される正確な数字である必要があります。ユーザがUSD(米ドル)を選択し価格が100ドル(USD)である場合Criteo V3タグの価格は100に、通貨は「USD」にする必要があります。

構文

パラメーターは通貨と呼ばれ、次のように表示されます。

通貨:「JPY」

これは  バスケットタグにあるパラメーターの一例です。

{ event: "viewBasket", currency : "JPY", item: [
  { id: "1234", price: 10.2, quantity: 1 },
  { id: "2345", price: 11.2, quantity: 2 }
]} 

および販売タグにある例:

{ event: "trackTransaction", id: "12345", currency : "JPY", item: [
  { id: "1234", price: 10.2, quantity: 1 },
  { id: "2345", price: 11.2, quantity: 2 }
]} 

テストの方法

F12を押してブラウザーのデバッグツールを開きます。ネットワークタブで「criteo」を探し、次にバスケットまたは販売確認ページへナビゲートします(通貨機能を実施した任意の場所)。これはクエリの文字列パラメーターに表示されるものです:

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk