ログイン

サポートセンター

実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

サポートセンター. 実装と運用のサポートコンテンツをご利用いただけます。

Criteo API クエリーはどのようなものですか?

Criteo API のクエリには下記が含まれます:

  • getAccount
    基本的なアカウント情報を戻します。
    属性: Name、address、website、currency、country、email、timezone

  • getBudgets
    選択基準に適合する予算のリストを戻します。
    属性: Type、Amount、Remaining 

  • getCampaigns
    キャンペーンは、全体のCPC によって定義されます。全体CPCは、商品カテゴリーのCPC により無効になります。 
    Attributes: Name, CPC, Category CPC[ ], Budget ID 

  • getCategories
    productfeed 定義済みカテゴリーにおいて、個別の CPC を設定できます。この "category” 属性は、„bidding per category” に使用されます。 
    Attribute: CategoryID、CPC

  • getReportDownloadUrl
    選択したレポートをダウンロードできる URL を戻します。これらのレポートは、XML 形式です。
    利用可能なパフォーマンス レポート: Advertiser (広告主)、Campaign (キャンペーン)、Category (カテゴリー) 
    入力情報: date range、Group by 
    出力情報: Date、Name、Clicks、Impressions、CTR、CPC、eCPM、Cost、Sales、CR、Order Value、Average Cart、COS、Sales PV、CR PV、Order Value PV、Impression Win %

 

注意:: クエリーによっては、応答が瞬時 (get Account/Campaign info) または非同期 (reports、CPC change) となることがあります。 非同期の場合は、通常、応答に数分かかります。

 

チュートリアル

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
Powered by Zendesk